仕事などでプリンターを使う機会のある人も多いでしょう。プリンターを使うためにはインクカートリッジが必要となりますが、少しでも値段を安く抑えたいと考えている人もいるかもしれません。最近ではリサイクルトナーが人気となっていますが、最大のメリットは純正品のインクカートリッジと比べて値段が安いということです。純正品と比べて値段が10分の1以下という商品などもありますし、コストの削減に役立つでしょう。メーカーはプリンター本体を格安で販売し、トナーなどの消耗品を高く販売しているということです。それによって利益を出しているということですが、リサイクルトナーは純正品の部材を再利用して汎用のトナーを充填しているため、純正品と比較して値段を安く抑えることができるのです。

リサイクルトナーを購入するなら

また、リサイクルトナーは複数の企業が製造を行っており、価格競争が起こることで安く販売されているのです。リサイクルトナーの最大のメリットは非常に値段が安いということであり、品質も以前より良くなっています。しかし、一部の商品や海外製の商品の中には品質の悪いものもあるので注意しましょう。価格だけでなく品質の確認も大切ですし、保証がしっかりしている店で購入すればトラブルのリスクを軽減することができるでしょう。価格の安さと安定した品質でコストパフォーマンスも高くなります。ちなみに、純正品の場合は不具合率が0.5~2%ということですが、リサイクル品の場合は1.5~3%程度の不具合率となっています。商品によっても変わってきますが、やはり純正品よりも不具合が起こりやすいと言えるでしょう。

リサイクルトナーの注意点について

リサイクルトナーを使う場合は純正品よりも不具合が起こりやすいと知っておくことが大切であり、不具合が起こった場合に備えて予備のインクカートリッジを用意しておくと良いでしょう。リサイクルトナーと純正品を比較した場合、黒については色合いがほとんど変わりませんが、カラーについては若干色合いが異なってくることがあります。これは純正品とリサイクルで成分が完全に同一ではないことが原因とされています。社内用のオフィス文書や資料作成などなら問題なく利用することができるでしょう。しかし、デザインなどで純正と同じ色の再現性を求める場合、リサイクルトナーではなく純正品を使用した方が安心です。リサイクルトナーはさまざまな商品が販売されていますが、きちんと品質を確認しましょう。